SEM/SEO にも誠意ある対応を

SEO にも誠意ある対応をとっている企業の例

SEM/SEO 対策は、ユーザーからのアクセスやコンバージョンの増加などの増加をはかり業績向上につなげるのための対策がメインですが、何らかの問題が発生したときに、誠意ある対応がとれるかどうかということも重要です。

例えば、index ページなどのユーザーがアクセスする可能性が高いページに、問題の内容と対応を公表することが求められます。こうすることで、ユーザーがこれらの情報に触れる機会がふえて、適切な行動を取ることができるわけです。

業績を考えると、アクセスする可能性が高いページに、商品やサービスの購入につながる情報を載せずに、問題の内容と対応の情報を載せるというのは避けたいかもしれませんが、今や企業として誠意ある対応がとれるかどうかが求められています。

例えば、松下電器産業株式会社 (ナショナル) では、ナショナルFF式石油温風機と石油フラットラジアントヒーターで、事故が発生する危険があることが発覚しました。その後、新聞やテレビやマスコミなどに、この問題への謝罪や対応を掲載していますが、Web サイトでも同様です。

松下電器産業株式会社 (ナショナル) の index ページに、この問題への謝罪や対応を掲載しています。こうすることで、「ナショナル 事故」などのキーワードで検索したときに、松下電器産業株式会社 (ナショナル) の事故に関する検索結果が上位に表示されて、ユーザーに適切な行動を取るよう促すことができるのです(2007 年 4 月 19 (木) 現在)。

もちろん、何も問題を起こさないように努力することも大切ですが、何らかの問題が発生してしまうこともあります。そのときに、SEM/SEO 的には何ができるかを考えておくととも重要です。

投稿者 ino3: 2007-04-19 (木) 18:40

トラックバック

このエントリーについて

投稿者: ino3

作成日時: 2007-04-19 (木) 18:40

カテゴリー: SEM/SEO

このエントリーのトラックバックURL:
http://lifechop.ino3.net/mt-tb.cgi/55