『ナチョ・リブレ 覆面の神様』

ナチョ・リブレ 覆面の神様』は、メキシコが舞台の物語。孤児の調理師をやっている修道院のナチョ(ジャック・ブラック)が、孤児たちに旨い料理を食べさせる金を稼ぐため、自身の子供のころからの夢を叶えるために、修道院の掟をやぶりレスラーとなり戦うというコメディ。

修道院にやってきた女性との恋愛や、レスラーとしてのナチョの葛藤なども味付け程度に描かれているけど、メインはあくまでコメディ。ジャック・ブラックが好きだったり、わかりやすいコメディが好きな人にはおすすめ。

個人的には、まあまあかな。

投稿者 ino3: 2007-04-15 (日) 08:33

トラックバック

このエントリーについて

投稿者: ino3

作成日時: 2007-04-15 (日) 08:33

カテゴリー: 映画

このエントリーのトラックバックURL:
http://lifechop.ino3.net/mt-tb.cgi/40